1. HOME
  2. アレッ人図鑑
  3. 意欲ある若者を支え、人と人とをつなげるキーパーソン ー 岩井俊宗さん

people

アレッ人図鑑

意欲ある若者を支え、人と人とをつなげるキーパーソン ー 岩井俊宗さん

 

「áretという場とつながりをコーディネート とちぎユースサポーターズネットワーク代表理事-岩井俊宗さん」

 

第1章:áretに来るまで

 

-「NGOのためのNGOになりたい」-

 

俊宗さんがチームを支える役割の重要性を学んだきっかけは、世界を変えるための取り組みをしていたNGOの存在だった。

当時高校生だった俊宗さんは赤十字の派遣でネパールへ行き、村づくりをしている日本人職員と出会い、こうした活動を職業にしている人がいることに衝撃を受ける。

「自分もこんな活動がしたい」と思い、「世界の状況について勉強しよう」と地元でもある宇都宮大学国際学部に進学。

勉強をする中でNGOという地域の課題を解決する住民チームが動いている存在を知り、学外でNGOと一緒に動くようになるとある疑問を抱くようになった。

 

「社会問題を解決したいという意思に支えられているが、仕事になっていないな」

 

NGOを支えるための役割を担うチームが必要だと認識した俊宗さんは、「問題解決したい人が職業としてご飯を食べられる環境が必要」だと強く思うようになり、大学卒業後、宇都宮でNPO・NGOを支える組織に入る。

活動を通して、地域の課題をNPO・NGO・ボランティアとしても立ち向かう仕事にやりがいと充実を感じていた。

しかし、自分が組織経営をしたことないのにリアリティがないという気持ちがどこかで芽生えると同時に、継続性・予算がないなど意志だけでは解決できないボランティア活動に限界を感じ

 

「社会問題を解決することを職業としてやりたい」

 

と思うようになる。

同時に、大学の同級生や後輩は「未来の為になにかしたいと思っていても何をしたらいいか分からない」、大人は「若者の力を借りたいけど借り方が分からない」、地域には課題が山積みという需要はあるのに重なり合っていない状況を知り、重なり合うことでハッピーになる地域をつくりたいと思うようになる。

 

これらの課題を受け、NPO法人とちぎユースサポーターズネットワーク(以下ユース)を立ち上げることとなる。

 

-とちぎユースサポーターズネットワークの立ち上げ-

 

ユース立ち上げ後、地域で社会課題に立ち向かう人のインタビューや交流会を実施する学生インターン生の受け入れを開始したことでネットワークが広がり、

 

「地域で頑張る人材が職業として成り立つように」

 

という想いのもと自分たちのやろうとしていることも見えてきた。

常勤態勢で行こうと決めたとき、”新たな公共”という「もっと住民の力を活かした地域づくりを支えよう」という国の動きがあり、NPOマネジメントの講座、国の民間支援を行うようになる。

さまざまな社会課題を解決する仕事をしていたことや、交流会に参加した学生の意欲が高まったことを見ていた行政職員から信頼が構築され、行政や大学や企業が提案力を期待してくれるようになり、自信がついてきた。

そんな時、光林寺でお坊さんをしながらも時代にあった先進的な取り組みをしている広法さんと出会うこととなる。

 

-広法さんとの出会いとáret誕生-

 

「不確実、不安定、複雑、曖昧。そんな時代に何ができるか」をテーマにした広法さんの講演会を聞いた俊宗さんは、自分の思っていることを的確に言ってくれていると感銘を受ける。

その後、忘年会で再び広法さんに再開する。

若者の力をはぐくむ・課題解決をするという実績はあったものの、教室の中や建物の中など一定の場所を決めてやるスタイルのため、育んだ若者を現場につなぎきれていない反省があった俊宗さんの

 

「日常的に色んなチャレンジャーが関われる空間が欲しい」

 

という想いと

 

「お寺は亡くなった人のためのものにありつつあるけど、そうではない。お寺の可能性はもっとあるはず」

 

という広法さんの想いが一致。

 

「未来に対する使命感の共有ができた」

 

広法さんと未来を語る中で、色んな事にいいねと思えて本質を追求することができる未来を自分たちで作っていきたいと思う気持ちが一致し、áretのプロジェクトが始動することとなる。

 

第2章:áretから見る未来

俊宗さんは、まずは狭いエリアでいろんな人がかかわりあえる社会を実現したいと考えている。

ひとり勝ちするビジネスでなく、みんなでお金を回すために信頼・信用をベースに置いた経済圏と、地域全体で家族のようにつながり合って支えあう地域環境である「連帯経済と地域家族」を軸にした社会をつくるために日々奔走している。

áretという場を地域と地域住民、外からの挑戦者が出会えるよう、地域の玄関として様々な人がつながり合える拠点にしたいと考えている。

俊宗さんは、áret自体が潤うことをゴールとしていない。

その先に、áretの周辺エリア全体として起業家支援をするなど、地域住民と起業家がつながり合える実践的なモデルを構築したいと考えている。

 

 

「áretにいる意味は、自分たちがほしい社会をつくること。人と人とが出会い、経済と人がつながるようなエリアをつくりたい」

 

 

俊宗さん、ありがとうございました!地域で社会課題解決の為に頑張る人たちを支えようと日々奔走する姿はとても前向きできらきらと輝いていました。自分の実現したい思いにまっすぐで、話していると私も頑張ろうと思わせてくれるような不思議な力に満ち溢れた方でした。俊宗さんの熱い想いを受け、áretを地域の玄関になるように一緒に走っていきたいです!(取材・カメラ・編集:まい)